マイカーローンの審査基準と金利|マイカーローン体験談

当サイトは、マイカーローン(自動車ローンやオートローンと呼ばれることもあります)の審査について不安を感じている方や、金利設定に不透明さを感じている方のために、私自身の体験をもとに情報をお伝えしています。

 マイカーローンの読みもの(コラム)

マイカーローンの審査基準と金利

マイカーローンの審査基準について

はじめに

当サイトは、マイカーローン(自動車ローンやオートローンと呼ばれることもあります)の審査基準や金利設定について、これからマイカーローンを利用して自動車を購入しようと検討している方にわかりやすく情報をお届けすることを目的に運営しています。

私自身がマイカーローンを利用して自動車を購入しようと思った時に、ディーラーから提示された金利があまりにも高かったことから、まずその金利設定に疑問を抱くようになりました。そしてディーラーのマイカーローン以外の選択肢を調べた時に、会社によって様々な種類のマイカーローンを提供しているなかで、それぞれどのような違いがあるのかわかりにくく、さらに複数の借入もあったので審査に通過するかどうかも不安でした。

そうしてマイカーローンについて色々と調べ始めたのがきっかけでしたが、情報を整理する中で私と同じような疑問や不安を抱えている方のお役に立てばと思いこのサイトを立ち上げました。

少しでもみなさんの夢のカーライフのお役に立てれば幸いです。

マイカーローンとは?

マイカーローンとは、その言葉のとおり、一般的には新車や中古車の購入をはじめ、車検費用や修理費用など、自動車に関する様々な用途に利用する分割払いの方法で、自動車ローンやオートローンとも言われるローンの一種です。

呼び方の違いは、ローンサービスを提供している会社の商品名の違いなので、当サイトではマイカーローンに呼び名を統一して説明しています。

マイカーローンは、手元にまとまった現金がない場合でも月々の分割払い契約をすることにより新車や中古車を購入することができるので、多くの方が利用しています。

マイカーローンが誕生した当初(1920年代)は、まだ自動車は富裕層の贅沢品でしたが、自動車メーカーがこのローンの仕組みを導入したことから一気に一般大衆へと広がりました。

≫≫マイカーローンとは?の続きを見る

マイカーローンの選び方

マイカーローンは便利に使える反面、ディーラーに勧められるままにローンを組んでしまうなど選び方を間違えると、数十万円単位で損をしてしまう可能性もあります。せっかく値引き交渉をして安く買えたと喜んでいても、ローンの金利分で値引き額を遥かに超える金額を払っていた、なんていうことは実際によくある話です。

また、マイカーローンを提供する会社によって、年収制限やローン完済時の年齢制限など、申込条件や審査基準も様々です。申込条件や審査基準をしっかり確認せずに、条件に満たないローンに申し込んでしまって審査落ちしてしまうということもありますので、自分に合ったローンの選び方を知っておくのは大切なことです。

≫≫マイカーローンの選び方の続きを見る

 

マイカーローンの一般的な審査基準

マイカーローンで審査落ちする人はどのような特徴があるのでしょうか?

マイカーローンの審査基準は状況によって変わるということは詳細ページでご説明しますが、年齢や職業、勤続年数など、比較的審査基準が柔軟になる属性は存在しています。

お金を貸す側(ローン会社側)のリスクが低い貸し先はどんな人かを想像してもらうとイメージしやすいと思いますが、実際に審査の際に見られるポイントは以下のようなところになります。

各項目の詳細については、詳細ページでご説明しています。

  • 年収
  • 性別
  • 年齢
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 勤務先
  • 未既婚
  • 住居タイプ
  • 他社借入状況

≫≫マイカーローンの一般的な審査基準の続きを見る

マイカーローンの審査基準は不透明?

自動車販売店やディーラーのマイカーローンの審査基準や金利の設定については、非常に不透明な部分が多いのが実態です。

同じ金額のローンを申し込んでも、担当する営業マンの営業努力によって金利が変わることなどもよくあることです。

当たりの営業マンについてもらえれば、低い金利で交渉してもらえることもありますが、力のない営業マンの場合は残念ながら・・・。

交渉次第で金利が変わってしまうのはどうかと思いますが、審査基準についてもオープンになっていないのでとても不透明さを感じますよね。

右の各メニューから、メーカー系マイカーローン、銀行系マイカーローン、信販系マイカーローンなどの特色について知ることができるようになっていますので興味のある方はご覧になってください。

マイカーローン以外の選択肢

マイカーローンの審査基準や金利設定の不透明さから、最近ではマイカーローンではなく、銀行の低金利カードローンやキャッシングサービスを活用する方も増えているということは先ほどもお伝えしましたが、実は私も先日車を買い換える際に申し込んでみました。

20代でマイカーローンを検討している方に人気のローン、アコムと、30代以上の方に人気のローン、楽天銀行のカードローン、両方申し込んでみました。

そして実際に私も楽天銀行のカードローンで300万円借りて中古のトヨタのアルファードを買いました。銀行カードローンは総量規制の対象外で、楽天銀行の場合は最高500万円まで借入可能なので、国産の中古車であれば、レクサスなどの高級車でも対応可能です。

私が実際に申し込んだローン

私が実際に申し込んだ銀行カードローン、キャッシングサービスのスペックは以下のとおりです。

マイカーローン同様に審査通過には少し不安がありましたが、いずれの会社からも無事に満額借入OKの回答がもらえました。

※銀行名をクリックすると、公式オンライン申込ページへリンクしています。

楽天銀行(最高500万円、金利年4.9〜14.5%)
楽天市場でも有名な楽天グループの銀行

アコム(最高500万円、金利年4.7〜18.0%)
20代など若い方向け(3秒診断で借り入れできるかチェック可能)

審査結果によって適用金利が異なるので、まずはアコムの3秒診断でチェックして「ご融資可能と思われます」の回答が出たら、両方申し込んでから適用金利の低かった楽天銀行のカードローンに決めました。

しかし、今ならどのローンをおすすめしますか?と言われたら、間違いなくじぶん銀行をおすすめします。

限度額が300万円以下なら原則収入証明書が不要なので、会社に源泉徴収票の発行をお願いする必要もなく、しかも最短即日で融資が受けられるので、中古車の場合は即日即金で購入も可能です。

auユーザーの場合は優遇金利が適用されて年1.9%~12.5%になりますが、auユーザーでなくても年2.3%~17.4%で、私が申し込んだ楽天銀行よりも格段に低金利なのです。

私が実際に申し込みをするにあたって比較検討できるように作成したスペック表を以下に記載しておきますので、選ぶ際の参考にしてみてください。(じぶん銀行は後日追加しました。)

サービス
詳細
限度額
金利
借入診断
じぶん銀行 詳細 800万円 2.3%〜17.4%
auユーザーは1.9%〜12.5%
アコム 詳細 500万円 4.7%〜18.0% 3秒診断
楽天銀行 詳細 500万円 4.9%〜14.5%
イオン銀行 詳細 800万円 3.8%〜13.8%

マイカーローンで買った車は自分の車じゃない?

自動車の「所有者」と「使用者」について

マイカーローンを使って車を買うと、一見自分の車になったように思いますが、ローンを完済するまで、残念ながら車の所有者はマイカーローンを扱っている信販会社の所有となるケースがほとんどです。

実際に車に乗っている私たちは、「使用者」として車検証に記載され、所有権(名義)は信販会社になります。

所有者が信販会社だと、車を売ろうと思ったときに、自由に売れないので注意が必要です。

その点、楽天銀行カードローンやアコム、住信SBIネット銀行等、当サイトで紹介している自動車ローンの代わりになるローンは無担保ローンなので、購入した車が担保になるわけでもなく、ちゃんと自分の名義で車を購入することが可能です。

マイカーローンの種類と審査基準

銀行系マイカーローンの審査基準

銀行が提供しているマイカーローン(JAのマイカーローンも含みます)は、低金利なのが魅力ですが、「低金利=審査が厳しい」ということをよく耳にします。

実際に、私も地元の地銀と住信SBIネット銀行の2つの銀行から断られた経験があります。

≫≫銀行系マイカーローンの審査基準 の続きを読む

信販会社系マイカーローンの審査基準

信販会社とは、いわゆるクレジット会社のことで、日本信販、オリコ、ジャックス、アプラスなどが大手どころで、各社マイカーローンもサービスとして提供しています。

自動車販売店やカーディーラーのほとんどが、これらの信販会社と提携をしています。

≫≫信販会社系マイカーローンの審査基準 の続きを読む

銀行カードローンを活用する場合

銀行カードローンは、用途自由で低金利かつ高限度額なため、自動車購入時の現金割引や、オプションパーツ購入費に充当するなど、自由度が高いのが特徴です。

実際に、自分の体験からも銀行のカードローンを活用するのが最も賢明だと思っています。

≫≫銀行カードローンを活用する場合 の続きを読む

最後にまとめ

マイカーローン審査基準と銀行カードローンの活用

審査基準の優しいマイカーローンは金利が高く、金利の低いマイカーローンを選ぼうと思うと、今度は審査基準が厳しくなる・・・。

マイカーローンの審査に通るために高い金利で申し込むよりも、低金利で高限度額の銀行系のカードローンを賢く利用して、最大限に現金割引を受けた り、その後の カーライフを楽しむためのオプション購入費をまかなったりするほうが良いと思い、私は迷わず銀行カードローンを活用する選択をしました。

私の申し込んだ銀行のカードローンはアコムと楽天銀行でしたが、銀行のカードローンの活用で金利を払ってもお釣りがくる位の現金割引が受けられたと いうことと、車の購入以外にも繰り返し使えるので、実は前の月に妻に内緒で会社の先輩に借りた飲み代も返済できました。ということで、結果としては大満足 です。

その他、私が実際に申し込んだローンの詳細については、本ページ上部の「私が実際に申し込んだローン」の項目でお伝えしているので、実際の申込の際には参考にしてみてください。

私と同じようにマイカーローンの審査に不安を感じている方にこの情報が少しでも役に立てば幸いです。